キュレーター 花田伸一さん【夜会_第十三夜】

  • 2014/7/4
  • キュレーター 花田伸一さん【夜会_第十三夜】 はコメントを受け付けていません。

辻の聴講メモ

リレーショナルアートの手法。 彫刻などの制作過程を見せる。彫刻などを、街で動かしながら、人と人とのつながりが生まれる。

島袋道浩氏  二度起こる事白像の話(北九州市内)

作品紹介や説明ではなく、子供達が自分に教えてもらう事に重点を置いた。

18世紀将軍吉宗の時代の白像の逸話。白像は、2000年台の現代人はどう目に映るのか?彫刻の像と共に、黒崎や小倉の常盤橋を歩いた。

寺江圭一朗氏(美術家) ながさきアート苗プロジェクトin 伊王島

アーティストと制作過程を楽しみながら、美術の苗を島の方と一緒に育てる。聖母マリアの彫刻 俊寛の流刑地

アートとは、常識を疑う。全く違う価値観を見出す事。 う〜む納得

アート作品の鑑賞とは、そのモノ自体を観ると同時に その作品の時代や社会の背景 その作家の歴史や物語を感じる事。

最後に僕も質問 北九州とアートとの関わり 芸術家育成について北九州市の土壌は?

北九州市のものを創る人の気持ちは切実である。 打たれ強い。伸びやかな環境には、素晴らしいアートは 育たない?生まれない?

北九州は、素晴らしいアーティストが生まれる可能性をもった 地域なんだと、前向きになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

近日開催予定のイベント

現在予定されているイベントはありません。

ピックアップ記事

  1. 紫川大歌声喫茶(東日本大地震復興支援)開催いたします〜 主催   We Love小倉実行委員会…
  2. 魚町2・3丁目銀天街でお買い物をして魚町お買い物券を当てよう! 3月10日(金)~3月20日(月…
  3. 小倉駅から魚町銀天街、リバーウォーク北九州まで一帯の飲食店が期間中、オトクなメニューをずらーっと提供…

小倉のニュース











ページ上部へ戻る