「小倉陸軍造兵廠」跡地

1933(昭和8)年に開設された小倉陸軍造兵廠は、西日本最大級の兵器工場でした。現在の北九州市立中央図書館のところに本部事務所があり、大手町一帯を中心に敷地面積約17万6,000坪(ヤフオクドーム4個分)という大規模なものでした。航空機部品・戦車・小銃・砲弾などのほか1943(昭和18)年12月頃からは風船爆弾も製造していました。
また1944(昭和19)年6月16日には、米軍爆撃機B-29の空襲により第二製造所第三旋盤工場付近(現在の小倉税務署周辺)が攻撃され従業員・動員学徒・女子挺身隊員約80名が犠牲になりました。
※写真は、小倉陸軍造兵廠正門を行進する技能者養成所生徒隊

北九州中央図書館 建築家・磯崎新さんによって1974(昭和49)年に設計され、今もなおその斬新なフォルムが注目される有名な図書館。2016年からカフェが併設され、読書とともに食事や飲み物を楽しめる憩いのスポットとなっています。

郷土史家・菊池満(きくちみつる)
1980(昭和55)年生まれ、北九州市小倉北区出身。福岡県地方史研究連絡協議会監事、朝日カルチャーセンター北九州教室講師、西日本工業大学非常勤講師などを歴任。
現在、西日本歴史文化研究所所長、北九州市立年長者研修大学校周望学舎・穴生講師、産業考古学会会員。専門は、日本近世・近現代史。
【主な発表論文】西日本文化協会創立50周年記念論文「森鴎外と和気清麻呂伝説」
【主な著書】「森鴎外 少年時代の業績」(共著)、「北九州市郷土史跡ガイドブック」(共著)など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

近日開催予定のイベント

  1. 人が集まる公共空間をつくる

    11月 17 @ 7:00 PM - 8:30 PM

ピックアップ記事

  1. 紫川大歌声喫茶(東日本大地震復興支援)開催いたします〜 主催   We Love小倉実行委員会…
  2. 魚町2・3丁目銀天街でお買い物をして魚町お買い物券を当てよう! 3月10日(金)~3月20日(月…
  3. 小倉駅から魚町銀天街、リバーウォーク北九州まで一帯の飲食店が期間中、オトクなメニューをずらーっと提供…

小倉のニュース











ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。