サムギョプサルが主力の焼肉店って、珍しくないですか?

  • 2017/5/10
  • サムギョプサルが主力の焼肉店って、珍しくないですか? はコメントを受け付けていません。

小倉には朝鮮半島出身の方が多く、焼肉店も有名店が多数軒を連ねています。

紺屋町と中津口を貫く浅香通りには多くの焼肉店があり、別名「焼肉ストリート」と呼ばれるほどですが、殆どのお店は、いわゆるロースやカルビの赤肉を主力メニューとしています。

そんな小倉の焼肉界でもひときわ個性的なお店が「テグ食堂」。牛肉メニューはもちろんありますが、ここの名物は何と言っても豚の三枚肉を使った「サムギョプサル」。

傾斜した鉄板で豚の脂を落としながら焼く韓国の伝統的なスタイルで、流れ出た脂がエリンギやニラに染み込んでこれがまた美味しい。エゴマの葉やサンチュに巻いて、ナムルやキムチを加えて食べると、肉よりも「野菜料理」食べているかのような感覚にもなります。

[codepeople-post-map]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

近日開催予定のイベント

現在予定されているイベントはありません。

ピックアップ記事

  1. [vrview img="" ]夜会百五夜のゲストは北九州市立大学の兵頭エマさんでした。 北九…
  2. 第百四夜のゲストは 北九州市のローカルヒーロー!キタキュウマンとして活躍されている滝夕輝さんです。…
  3. 〜夜会百二夜目 Kurocafe の黒木翔太さん〜 現在、北九大の女子大生5人がプロデュースし…

小倉のニュース











ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。