辻野聴講メモ

第四夜の話題提供者は、北九州産業貿易コンベンション協会コンベンション誘致課長の笠松さんでした。

JTBからアウトバウンドし現職。学術系国際国内会議の北九州誘致の活動する中で、エピソードを話していただいた。

海外での誘致活動の突破口、そのキーワードは

アインシュタインが滞在した街、OECDグリーン成長都市、いのちのたび博物館、皿倉山からの夜景、関門トンネルの人道、公害からの脱出、紫川、旦過市場、メディアドームや競馬場 、門司港レトロ、小倉城や小倉城庭園 等多彩

福岡市は、確かに近代的な建物や大きなイベントはあるが、北九州市には、産業や研修 コンパクトな小倉の街中 路地文化、それから七区それぞれに見所があり、面白い案内コースが出来る。

北九州市の観光への可能性を、熱く語っていただきました。

 

フォローしてね!