DECOLUCE代表の藤井幹子さん【夜会_第二十六夜】

  • 2014/10/10
  • DECOLUCE代表の藤井幹子さん【夜会_第二十六夜】 はコメントを受け付けていません。

IMG_7969 IMG_7968WeLove小倉夜会 第26夜は
DECOLUCE代表の藤井幹子さんでした。
題目は「照明デザインで変わる暮らし&街」

化学系の大学を卒業 システムエンジニアの会社に入社するが
照明デザインの魅せられ、照明設計デザインの事務所に入所

藤井さんの携われた店舗をモデルに
照明の素晴らしさをご説明いただけた。
うん〜納得でした。

・照明デザインについて
・良い明かり VS 悪い明かり
・照明デザインがつくりだすもの

照明デザインとは?
光だけではなく、光と影をデザインする。
自然の風景を参考にする場合もある。

光の使い方 日本人は大変上手である。
人は灯りや自然光に対する美意識は高く

「光」と「気持ち」とは深いつながりがあります。
ワクワク ドキドキ や癒しや活力など

小倉の3つ商店街を照明を例に、ご説明をいただいた。

イタリアの裏路地やパリのアーケードの雰囲気と
我らが魚町商店街や魚町三番街のアーケードの雰囲気は
どうして違うのだろうの分析

公共施設やアーケード建造に関して
灯りや設えを決める主体が、日本は例えば商店街組合の
ご長老を中心とした人達。
10の組合があれば10のアーケードが出来る。

パリのイルミネーションなど観ると
その大胆さや一貫性 美しさに圧倒される。

日本と欧州では
都市景観や町並みへの考え方が違う
お店や住宅の、その街に対する役割意識が違う

「敷居が高い!ムツカシイ!」って思われている照明デザイン。
でもみんなホントは照明のことで悩んでたり、分からなかったり。
意外と知られていない照明の効果や照明デザインのコツを教えていただいた。

ホームセンターの照明機器売り場に行って
いろんな照明を眺めてみることから始める

生活においてのアドバイス
天井の電気を消してみて、壁面やテーブルの天 テーブルの下などに
部分的な、柔らかい日を当てると、違った雰囲気を味わえる。

あなたの暮らし&小倉の街を変えるかもしれない。

藤井さん有り難うございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

近日開催予定のイベント

  1. 人が集まる公共空間をつくる

    11月 17 @ 7:00 PM - 8:30 PM

ピックアップ記事

  1. 紫川大歌声喫茶(東日本大地震復興支援)開催いたします〜 主催   We Love小倉実行委員会…
  2. 魚町2・3丁目銀天街でお買い物をして魚町お買い物券を当てよう! 3月10日(金)~3月20日(月…
  3. 小倉駅から魚町銀天街、リバーウォーク北九州まで一帯の飲食店が期間中、オトクなメニューをずらーっと提供…

小倉のニュース











ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。